企業もお店も社会的な意義がないと 長くは続かない。

歴史は繰り返されてゆく、虚ろな繁栄は長く続いた事はありません。
貴方のお店は、どんな思いで経営されていますか?

近頃、開店してはすぐに閉店してしまうお店が多くなっています。
ビジネスの環境が 厳しいからでしょうか? それだけではありません、新しくお店を開店させ、継続してゆくのには、お金儲けの才能だけでは難しいのです。
企業やお店が どれだけ社会的な意義を持つかどうか、また経営者が どれだけ社会的な意義を感じて経営をしているかどうかが 大きく経営に響きます。

美味しいお米を食べて、元気になってもらいたい!

 例えば、お米さんですが、単に米を販売するだけではなく、「おいしいお米で 美味しくたいてもらって 美味しいご飯を食べて その食卓で家族全員の笑顔を作り元気になってもらいたい!日本の食文化の良さを もっと後世に伝えてゆきたい」と思って経営をすると、接客方法も、社員教育も、販売の仕方も、伝える情報や伝え方なども 色々と変わってきます。
 お米屋さんは日本の食文化、食生活の伝統や発展の大切な要素を持つ業種なんです、是非お店の方全員が そのような意識になって欲しいと思いますし、そのような意識で取り組まれている所は「何かが違う」のです。

重労働から女性を解放してあげたい!

企業も同じです、日本の電機メーカーの多くは、洗濯機や冷蔵庫などの いわゆる白物家電から発達しましたが、洗濯機を例にとれば、冷たい日に 洗濯板で 長い時間をかけ洗濯をし、あかぎれが出来て痛そうな女性を なんとか時間と痛みから解放してあげたいという尊い考え方から開発され それは 一気に支持される事になりました。

社会的意義が企業風土を創る

 社会的な意義を感じ、開発に努力し それが認められる。そんな、大切な考え方が、大きくても小さくても必要です。 単に お金儲けがしたいというだけでは 一時期に成功したように見えても 遅かれ早かれ衰退します。 
小さなことでも、社会的な意義を考え 従業員にそれを徹底してゆく これがまず経営者として 大切な要素です。 
 お金儲けしか 目的でなくなれば 接客の中心も「買わせる為に」となってきます。 従業員にも 金額目標だけになってきますので 殺伐とした接客になってきますし、お客様も それを敏感に感じ その店には行かなくなってきます。
 従業員も 嫌になって辞めてしまうかも知れません。社会的な意義を持ち、自分の仕事に誇りを持って 従業員もお客様に接する企業やお店が 事業継続出来ているのです。IMG_1676.jpg宇治川橋たもとにある通圓さん 西暦1160年創業 今年で852年IMG_1671.jpg老舗のアイス 時代に合わせ上手く変化できる柔軟さが老舗にはある

IMG_1663.jpg宇治 福寿圓さん 伊右衛門で有名

老舗から学ぶ、心得 もっとも大切にしている事を漢字一文字で表すと「信」 企業風土は「和」 

ある調査によると、日本の100年以上続く老舗企業や店舗に「もっとも商売で大切にしている事を 漢字一文字で表してください」という質問に対して 老舗企業や店舗の答えで最も多かったのは「信」だったそうです。
「信頼」「信用」という言葉から「信」を選ばれたそうですが、これは 商売の最も大切な部分で、老舗はその大切な事を ずっと守っているから結果 老舗と言われるように長い事業継続が可能だったのだと思います。
 お客様を裏切らない、信頼してもらえる企業であり続けることは 大変難しい事です。
多くの企業が、粉飾決算や賞味期限の改竄、偽装工作などの信用失墜事件で消滅してしまいました。 
 また、同様に老舗企業に「貴方の会社の企業内風土を一文字で表すと ?」
の質問に一番多かった答えは「和」が多かったという事だそうです。
調和の「和」平和の「和」 やはり従業員全員で 調和をしていかないと何事も上手く行かないということでしょう。「和をもって 尊しとなす」 聖徳太子も同じ事を説いていました。

夫婦の仲が良い所は成功する!?

 故松下幸之助さんは 私が尊敬する経営者の一人ですが、当時 資金繰りに困った電気店にお金を融通する時に 「夫婦の仲が良いか どうか」を判断基準の一つにしたそうです。 当時は、夫婦や家族経営での電気店が殆どでしたから、その夫婦が仲がよいと、ともに苦労して苦境を乗り越えられると考えてたそうです。これは 真をついています、今の時代も同じで やはり「和」が 重要な要素なんですね。
 貴方の会社やお店は 「和」が出来ていますか? 
「和」が出来ている所は、お客様も感じます。一方、「和」がないところは、何か雰囲気が悪く、接客にも影響が出ているものです。 空気伝染するから 怖いモノです、もう一度、じっくり「和」があるかどうか 見直しましょう。
 「和」がある所に 笑顔があり 笑い声がする そんな明るい風土が出来てきます。
「笑う門には福来る」とはよく表現されています。

両国周辺 (38).JPG

1 企業、お店風土は?

MP900444049.JPG

社会的な意義を感じているか?等 企業やお店の姿勢が大切です

社会的意義を持とうLinkIcon

2 顧客本位になっていますか?

MP900149022.JPG

お客様本位で考えて実行してゆくのは 大変難しい事で、ついつい企業やお店の立場で考えてしまいます。
お客様本位のカルチャーへLinkIcon

3 改善姿勢はいつも持っていますか?

MP900438377.JPG

「これで完璧」とい事は決してありません。満足するのではなく、いつも改善の気持ちをもって 継続してゆけるかが大切です
いつも改善意識を持とうLinkIcon

4 プロデューサー意識を持っていますか?

Walkman1.jpg

貴方は大切な製品のプロデューサーです、どう演出してゆくのが良いのか?を絶えず考え 小さくても何かを演出してゆきましょう
プロデューサーになろう!LinkIcon

5 温まる接客を

MP900402597.JPG

お客様が企業やお店を選ぶ要因は 商品や価格だけではありません。笑顔一杯の心温まる接客に 心惹かれるのは今も昔も同じです
温まる接客をLinkIcon

6 管理は万全ですか?

bus0058-044.jpg

売上管理、利益管理、在庫管理、顧客管理は大丈夫ですか? 大切なお客様は、来なくなっていませんか? 売上が上がっても 利益が減っていることはありませんか?

管理も大切ですよ!LinkIcon

7 商店街の魅力は結束力
大須商店街2回目 (93).JPG

魅力的な商店街は「色」「味」がある。 結束力のある商店街は お客様が感じ取る事が出来る。 そんな魅力は「結束力」から生まれています

商店街の魅力作りLinkIcon

8 知恵(アイデア)を出しましょう
浜マーケット (121).jpg

最小限のコストで最大限の効果、「知恵」をどんどん出して行きましょう
知恵を出して行きましょうLinkIcon

9 お客様の声を聞こう!
MP900409324.jpg

お客様は、お店の事を思って叫んでいるのです。お客様の声を感謝して
聞くか、クレームとして聞くか? 違いは歴然です。
お客様の声を聞こう!LinkIcon